本物品質のロエベ バッグ|財布|アマソナ大放出セール

【使い勝手の良い】ロエベ バッグ| 財布|長財布|アマソナ激安超特価を提供します

ロエベ バッグ

ロエベ(Loewe)は、皮革製品で有名なスペインのブランド。1996年からルイ・ヴィトンなどに代表されるLVMHグループに属している。1846年、マドリード市内のロボ通り(現、エチェガライ通り)にて、ルーツとなる皮革工房が数人のスペイン人職人によって開かれたが、当時は、レザーケースやバッグ、財布、葉巻入れ、フレーム、コインケース、煙草入れといったレザー製品のみを扱っていた。 その後の1872年、当時ドイツの職人であったエンリケ・ロエベ・ロスバーグ(Enrique LOEWE Roessberg)は、マドリードへ訪れてエチェガライ通りのこの工房を見学した際、職人達の技術、そして素材や品質の高さに感銘を受け、パートナーとして工房で働く事になった。 彼らの手掛ける製品がマドリードの貴族達を魅了するようになり、それにともなって工房の規模も徐々に大きくなり、1892年には、当時マドリード市内の流行の発信地として名の通っていたプリンシペ通りにて、店舗併設型の工房であるE.ロエベブティックを開いた。 この頃より、製品全てにLeather Goods Factory(レザーグッズファクトリー)というエンブレムが施されるようになり、また、婦人用ハンドバッグの製作もスタートされた。 1905年には、当時有力な顧客であったコンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に紹介され、高品質でオリジナリティ溢れるロエベの製品が高く評価された事により、アルフォンソ13世から王室御用達の称号を授かった。デザイナー渡辺淳弥にとって「デザイナーがいるブランドとのコラボレーションは今回が初めて」だという「LOEWE」とのコラボレーションは、2012年11月に始動。スペインと日本の正式な交流がスタートして400周年、また「LOEWE」が日本に発のブティックをオープンしてから40周年のダブルメモリアルイヤーを記念して実現した。渡辺は「我々がコラボレーションの相手を決めるポイントは、『優れた技術を持った工場かどうか』ですが、それには十分に魅力的な相手先」と、今回のコラボレーションについてコメントしている。1846年創業のスペイン王室御用達のラグジュアリーブランド。至高のレザーコレクションに加え、上質なレザー小物やメンズコレクションなど、本店さながらの品揃えとスタイリッシュな空間を堪能できます。